Bistro BéBé

みなとみらいでたっぷり遊んだ後はいつもより、少しだけリッチな食事を楽しみませんか?
 
今日紹介するのは元町の路地裏にある、こだわりの隠れ家ビストロ『Bistro BéBé』。
 
「BéBé」とは、フランス語で赤ちゃんの意味。
赤ちゃんの澄んだ瞳のように、いつも食材と向き合いたいという気持ちからつけられたそうです。
 
その名の通り、シェフが選んだこだわりの鎌倉野菜や鮮魚たちが楽しめますよ。
 
 
お店はとてもシックな佇まい、この白い壁と木製の扉が元町の雰囲気にぴったりです。
さっそく入ってみましょう。
 
店内はとてもいい雰囲気。
店員さんにコートを預けて席へ案内されます。
 
コース料理が二種類あり、アラカルトメニューもあります。
今回は奮発してお高いほうのコースをオーダーしました。
 
 
まずはシャンパンで乾杯。
すっきりして飲みやすい味わいで、食欲も刺激されます。
 
同時にアミューズもでてきました。
 
ひんやりとした優しい味の野菜のムースにウニが乗っています。
とっても素敵な味わい。
 
アミューズはその名の通り「お楽しみ」で、これからの料理を期待させますね。
わくわくします。
 
 
そして前菜。
 
瑞々しい野菜の周り盛り付けられたのは、鮪のカルパッチョ、濃厚な白レバーがのったフランスのクリスマスに食べられるパン・ド・カンパーニュ、キッシュ、シシャモ……などなど。
 
ビストロならではの日常的な料理にひと手間かけたアレンジで、どれも口に入れたときに美味しくてなぜだか頷いてしまいます。
 
 
次にきたのはダイコンのスープの白子添え。
ダイコンの繊維がとけてまろやかな味わい。
 
白子をこのようにスープに添えて食べるのははじめてで、新鮮でした。
白子の濃厚さをダイコンが引き立てつつも、味をしっかり引き締めてくれます。
 
 
魚料理はカサゴのグリルにホタテと菜の花のフリットを添えて、菜の花のクリームを和えたものです。
カサゴの身はホクホクで、そのまま食べても美味しく、クリームをしっかりつけて食べるのもまた良かったです。
 
アクセントのイクラのオリーブオイル漬けが、またいい仕事をしていますね。
サクサクなフリットにしてある菜の花が、まだ遠い春の香りを添えてくれました。
 
 
肉料理はりんごのお酒で煮込んだ和牛の頬肉です。
先ほどの魚料理はグリルでしたのでバランスもいいですね。
とてもやわらかい頬肉に、ほのかにあるりんごの風味がお肉を口に運ぶのを手伝います。
 
周りの野菜は鎌倉や横浜で取れたもので、シャキシャキとした歯ごたえがやわらかいお肉と対照的で、口直しにも良かったです。
 
 
最後は9種類のプチデザートの盛り合わせです。
ピスタチオのシュークリームが美味しかったです。
 
食後のコーヒーでまったり。
 
 
店員さんもとっても丁寧で、気さくなのも良かったです。
お店を出るときはなんと「寒いのでこれどうぞ。」とカイロをいただきました。
こんなことされたらまた行きたくなりますよね。
 
 
記念日や特別な時間を過ごしたい時にはいがでしょうか?
Bistro BéBé Bistro BéBé Bistro BéBé Bistro BéBé Bistro BéBé Bistro BéBé Bistro BéBé Bistro BéBé

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町3丁目136
神奈川県横浜市中区元町3丁目136
045-641-1033
ランチ 11:30~ ラスト・オーダー平日14:30/土・日・祝日14:00
ディナー 18:00~ ラスト・オーダー平日22:00/土・日・祝日21:00
Bistro BéBé
http://bistro-bebe.sakura.ne.jp/index2.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

  1. R&B

  2. Alte Liebe

  3. J.S. PANCAKE CAFE マークイズみなとみらい店

  4. 横浜大飯店

    横浜大飯店

  5. 焼鳥 美鶏

  6. ポムポムプリンカフェ 横浜店

    ポムポムプリンカフェ 横浜店