Bistro du port 銅鑼

ある日みなとみらいで夕食を食べることに。
なかなか行きたいお店が決まらず横浜のお店が載ったグルメ本を漁っていると、何やら気になるメニューを見つけた。
写真を見るとイワシの切り身が皿いっぱいに並べられていた。
イワシのカルパッチョと書かれている。
肉厚なイワシの食感と独特の香りを想像してお腹が鳴りそうになった。
こうしてイワシに魅せられ、今晩の夕食が決まった。

赤レンガ倉庫から徒歩約10分。
開港記念広場前の交差点を渡り、さらに県民ホールの前の交差点を左折すると神奈川芸術劇場が見える。
ここの裏の路地にひっそりと佇むお店が本日ご紹介する『Bistro du port 銅鑼』。
地下にあり、店内はこぢんまりとしている。シックで落ち着いた雰囲気だ。
訪れた時間が早かったからか、お客さんはまだおらず一番奥の席に案内された。

席に着くと人の良さそうな男性店員さんがオススメメニューが書かれている大きな看板を持ってきてくれた。
早速イワシのカルパッチョを頼むと、なんとイワシが切れており今はやってないとのこと。
どうやら人気メニューですぐなくなってしまうのに加え、今の時期はイワシがあまりとれないということが重なりなかなか入荷してこないのだそう。
残念だがこればっかりは仕方ない。
またの機会にとっておくことにして、オススメメニューから真ガキ、スズキとタコのカルパッチョを、飲み物は辛口のスパークリングワイン“Gancia Asti Supumante”を注文した。

ほどなくしてスパークリングワインが運ばれてきた。
乾杯をし、一口。ぱっと目を見張った。
なんと飲みやすいのだろう!
辛口とは思えない口当たりのよさ、あとからほんのりとした甘さと炭酸が鼻に抜ける。
あまりの飲みやすさに一気に飲み干してしまいそうになった。

スパークリングワインの味に驚嘆していると真ガキがやってきた。
身がかなり大きく、つやつやとしている。
いつものように一口で食べようとしたが、身が大きすぎて食べきれないくらいだった。
肉厚でぷりぷりとしていて食べ応えがあり、上からかけたレモンと自然な塩加減が合わさってちょうどいい。
カキを食べると毎度思うのだが、一口で食べ終わってしまうのでお腹いっぱいになるまでいくつも食べたくなる。
この真ガキも頼めるものならいくらでも頼み続けたいくらいクセになる一品だ。

ふと何気なく顔を上げると二つ隣の席に女性が座ったのが見えた。
こういうお店で一人で食事ができるようになりたいものだと横目に見ていると、先ほどの男性店員さんがワインを持って親しげに話しかけていた。
どうやらあの女性、常連さんのようだ。
ワインについてあれやこれやと話し込んでいる二人に、自分の理想のビストロのかたちが重なって見えた。

そのうちスズキとタコのカルパッチョが運ばれてきた。
皿の上に乗った茶色い泡のようなものに真っ先に目がいく。
すかさず店員さんが、「こちら醤油のムースになっております。カルパッチョにのせてお召し上がりください」と一言。
この泡の正体は醤油だったのだ。
興味津々でムースをタコにのせて食べてみる。
さっぱりとした醤油味のムースは舌にのるとすぐに溶け、これまたさっぱりめに味付けがしてあるタコとマッチしていてさらっと食べられる。
今まで食べてきたカルパッチョとはちょっとかわった味付けで新鮮に感じられた。

カルパッチョを食べながら次のアラカルトを決めあぐねていると、近くにいた男性店員さんがそんな空気を察知したようで「アサリとムール貝どうですか?」と声をかけてくれた。
店員さんにお任せして料理を待つと、アサリとムール貝の白ワイン蒸しがやってきた。
ぽっぽと上がる白い湯気に混じり、貝とオリーブオイルのいい香りが漂っている。
皿に取り分けパクリと一口。
アサリのうまみとソースが口いっぱいに広がる。
ムール貝も肉厚でクセもなく食べやすく、あっという間に皿の上は殻だらけになってしまった。

満腹中枢が働き始めたところで、メイン料理のトリュフのリゾットとおかわりのキールを注文。
リゾットがくるまでのつなぎにこれまた店員さんのおすすめで生ハムも追加して待つ。
気がつくと店内はお客さんでいっぱいになっていて先ほどの落ち着いた雰囲気とは一転、にぎやかな空間になっていた。
といってもうるさいというのではなく、和やかな、どのお客さんも食事を楽しみながら話に花を咲かせている、そんな心地よいにぎやかさが漂っていた。

先の通り、生ハムとキールがやってきた。
この生ハムは肉本来の味が強く、噛めば噛むほどそのうま味が強くなる。
また普段食べるものよりずっと塩気がなくあっさりとしている。
上にかけられたオリーブオイルがアクセントになっているのも箸が進む。
一緒に来たキールは白ワインのすっきりとした苦みにカシスの甘さがちょうどよく飲みやすい。二杯目にぴったりだ。

生ハムを食べ終わった頃、タイミングよくトリュフのリゾットが運ばれてきた。
真っ白なリゾットにトリュフがふんだんに混ざっている。
スプーンでかき混ぜると柔らかなチーズとかすかなトリュフの香りがぶわあっと広がった。
その匂いだけでもお腹が満たされそうになる。
食べてみると、クリーミーでまったりとした味が特徴的だ。
トリュフの香りがほんのり広がる中チーズのまろやかな味がさっきまで落ち着いていた食欲を刺激してくる。
本当は飲み物を片手にゆっくり味わうものなのだろうけど、舌がこれでもかとリゾットを欲するのでそんな優雅な時間を過ごす余裕なく、スプーンの裏にある米粒まできれいに完食してしまった。

最後の締めのデザートにアプリコットのタルトを頂く。
しっとりとしたタルト生地にあんずのあまずっぱさが合わさって絶妙な美味しさを創り出している。
タルトの上にのせてあるバニラのジェラートはバニラビーンズがきいていて、一緒に食べるとまた味が変わっていい。
添えてあるフルーツもみずみずしく、ちょうど良い口直しになった。

デザートもきれいに食べ終え、ナプキンを丸めてテーブルに置く。
席を立つと、最初からサービスしてくれていた男性店員さんがイワシが入ってきたらまたぜひと言ってくれた。
気さくな、それでいて気遣いを忘れることのない店員さんに、また近いうちに来ますと返して店を後にする。
特に食事にこだわりを持っているというわけではないが、やはり美味しいものを食べれば気持ちも満たされるものだ。
お腹と幸せな気分をいっぱいに満たしてくれる素敵なお店に出会えた。

bistrodora_07 bistrodora_03 Bistro du port 銅鑼 Bistro du port 銅鑼 Bistro du port 銅鑼 Bistro du port 銅鑼 Bistro du port 銅鑼

横浜市中区山下町 25-14 モナニビル B1F
横浜市中区山下町 25-14 モナニビル
TEL 045-662-7030
11:30~14:00L.O. 18:00~22:00
Bistro du port 銅鑼
http://www.bistrodora.com
BLOG
http://blogs.yahoo.co.jp/bistrodora

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

ピックアップ記事

  1. まるう商店

    2014-11-23

    まるう商店

    「お魚が食べたい!」 みなとみらいでそう思ったならここに行くべし! 『まるう商店』…
  2. アートリックミュージアム

    2015-9-13

    アートリックミュージアム

    中華街にトリックアートを楽しめる場所『アートリックミュージアム』があることをご存知でしょうか。…
  3. SHIMOMURA

    2015-6-13

    SHIMOMURA

    新しく心がこもっている料理がコンセプトの和食料理店『SHIMOMURA』を紹介します。…

最新エントリー

  1. 一時期ほどのブームは落ち着いたものの、まだまだ人気の衰えないパンケーキ。 横浜にもた…
  2. もちもちしたタピオカってクセになりますよね。 タピオカミルクティー発祥のお店である『春水堂』が…
  3. 2016/11/19

    焼鳥 美鶏
    焼鳥屋さんで焼鳥を頬張るのってなんだかアダルティ。 関内の路地裏にある『焼鳥 美鶏』…
  4. 創業大正4年からフレッシュな果実・野菜を提供している「横浜水信」。 そんな「横浜水信…
  5. みなとみらいのシンボルの一つである「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」は、今年で…
  6. 2016/7/2

    梅林
    旬の食材を贅沢に味わいたい! そんな時にオススメな日本料理店をご紹介します。 関内駅と桜木…

night view

  1. 2014/11/22

    臨港パーク
  2. 横浜 ワールドポーターズ

free

  1. 港の見える丘公園
  2. 大さん橋
RSS Feed Widget
ページ上部へ戻る