カップヌードルミュージアム

「カップヌードルはお好きですか?」

コンビニやスーパーで売っているあれです。
今日では日本の、いや世界の食のワンジャンルとして確立されたカップヌードル。

そんなカップヌードルのミュージアムがみなとみらいにあります。

そこではなんと、オリジナルのカップヌードルも作れちゃうんですよ。

みなとみらい駅からコスモワールドの観覧車を目印の進むと到着です。

茶色い壁のオシャレな建物で、一見カップヌードルの博物館とは思えません。

入ってみましょう。

吹き抜けに大きな階段と後ろにはカップヌードルのオブジェ。
かなりスタイリッシュです。

外観といいこの近未来感には驚かされます。

それもそのはず、ここ『カップヌードルミュージアム』では「創造的思考=クリエイティブシンキング」をコンセプトに子どもたちひとりひとりの中にある想像力や探究心の芽を吹かせ、豊かに育てるための体験型ミュージアムなのです。

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、地球の食文化を革新した安藤百福の「創造的思考=クリエイティブシンキング」をいたるところで感じることができます。

入場料は500円。リーズナブルですね。

QRコードのついた入場券を改札でかざすと入場です。

まずは、「ヒストリーキューブ」へ。ここでは1958年に発売されたチキンラーメンをはじめとする3000点ものカップヌードルが展示されています。

王道から色物まで豊富に展示されていて、かなりおもしろいです。

さらにすすむと「百福シアター」。

ここではカップヌードルの始祖である、安藤百福の波乱万丈と発明の人生を「MOMOHUKU TV」と題したアニメが放映されます。

子ども向きですが、大人でも楽しめます。

シアターにはしかけがあって、上映後は安藤百福ワールドにひきこまれながら、「百福の研究小屋」や安藤百福の言葉や思考、行動の本質を6つのキーワードを集約して、現代アートのスタイルで表現した「クリエイティブシンキング ボックス」など好奇心を刺激してくれる展示品がたくさんあります。

カップヌードルの歴史をしったあとは「オリジナルカップヌードル」に高まった好奇心をぶつけましょう。

「マイカップヌードルファクトリー」は入場時に先着で配布される整理券が必要なので注意です。

はじめに整理券をもらって時間があったら先に展示品をまわるほうがいいかも。

会場ではものすごい人の多さ。とっても人気。

まずはカップを購入します。これも300円。空のカップがでてくる自動販売機はまた不思議な光景です。

「さぁ!オリジナルのカップヌードルをつくろう!」といって具材やスープを想像する前に、まずはカップのデザイン!

マジックが用意されているのでイラストやデザインをしていきます。

僕はSPOT NOTE みなとみらいのアイコンを描きました。

空のカップを係さんにわたしたあとはレバーをまわしカップに麺をいれます。

この動作は実はカップヌードルの工夫があるのですが、実際にいってみて確かめてください!

そのあとは、ついに具材とスープ選びです。スープはカップヌードル、シーフードヌードル、カップヌードルカレー、チリトマトヌードルの4種類からひとつ。具材は、エビ、コロ・チャー、タマゴ、ネギ、ひよこちゃんナルト、ガーリックチップ、インゲン、チェダーチーズ、カニ風味カマボコ、コーン、キムチ、貝柱(期間限定)の12種類から4つ。

かなり悩みます。
せっかくなのでここんしかない具材をいれるのをおすすめします!
僕はカレーのスープにエビ、カニ風味カマボコ、貝柱、タマゴのシーフードカレーを目指しました。

キャップをして密閉すれば完成です!ここの工程も動きが工場みたいでみてて楽しかったです。最後にエアパッケージにいれてオリジナルカップヌードルの完成です!

とっても楽しかったです。
一ヶ月以内に食べましょう!
僕がつくったシーフードカレーヌードルは市販のシーフードとカレーのいいとこどりでおいしかったです!

実は「マイカップヌードルファクトリー」とは別に「チキンラーメン」を手作りできる工房「チキンラーメンファクトリー」もあります。こちらは小麦粉をねって麺をつくって「瞬間油熱乾燥法」で麺を乾燥させるこれまた本格派。とっても人気で事前予約が必要です。
外から様子を眺めていたのですが、チキンラーメンのキャラクターのエプロンがかわいかったです。

他にも巨大な工場の中で、自分自身が「カップヌードル」の“めん”となり、製めんから出荷されるまでの生産工程を体感できるアスレチック施設の「カップヌードルパーク」は子どもに大人気。

最上階では世界各国の麺が楽しめる「NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-」もあります。
たくさんの国の麺がハーフサイズで300円で楽しめます。ハーフサイズなので複数の種類を頼むもよし!小腹を落ち着かせるのもよし!です。
僕はベトナムのフォーを食べました。パクチーのかおりとお米の麺がとってもさわやかでした。他にも食べたかったのですが、夕食前だったので断念。
次はトムヤムクンを食べたいですね。

いかがでしたか?
「カップヌードルミュージアム」、たくさんの展示やアトラクションがありがっつり楽しめます。
週末や大型連休に家族や友達、恋人とのお出かけにオススメなSPOTです。

カップヌードルミュージアムカップヌードルミュージアム カップヌードルミュージアム カップヌードルミュージアム カップヌードルミュージアム カップヌードルミュージアム カップヌードルミュージアム カップヌードルミュージアム カップヌードルミュージアム

横浜市中区新港2-3-4
TEL 045-345-0918
カップヌードルミュージアム
開館時間
10:00 〜 18:00 (入館は17:00まで) 
※休館日:火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始
入館料
大人 (大学生以上) :500円 
高校生以下は無料
カップヌードルミュージアム
http://www.cupnoodles-museum.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

ピックアップ記事

  1. BLUE BLUE YOKOHAMA

    2014-7-13

    BLUE BLUE YOKOHAMA

    うふふ。6 月の湿気と陽射しが少々辛いが気分が良い。私は目の前の扉の中にあるものを知って…
  2. Bistro du port 銅鑼

    2014-10-25

    Bistro du port 銅鑼

    ある日みなとみらいで夕食を食べることに。 なかなか行きたいお店が決まらず横浜のお店が載…
  3. よこはまコスモワールド

    2015-8-2

    よこはまコスモワールド

    世界最大級の観覧車「コスモクロック21」がシンボルの『よこはまコスモワールド』。 観覧…

最新エントリー

  1. 一時期ほどのブームは落ち着いたものの、まだまだ人気の衰えないパンケーキ。 横浜にもた…
  2. もちもちしたタピオカってクセになりますよね。 タピオカミルクティー発祥のお店である『春水堂』が…
  3. 2016/11/19

    焼鳥 美鶏
    焼鳥屋さんで焼鳥を頬張るのってなんだかアダルティ。 関内の路地裏にある『焼鳥 美鶏』…
  4. 創業大正4年からフレッシュな果実・野菜を提供している「横浜水信」。 そんな「横浜水信…
  5. みなとみらいのシンボルの一つである「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」は、今年で…
  6. 2016/7/2

    梅林
    旬の食材を贅沢に味わいたい! そんな時にオススメな日本料理店をご紹介します。 関内駅と桜木…

night view

  1. ラ ヴェラ

    2015/12/20

    ラ ヴェラ
  2. よこはまコスモワールド

free

  1. 横浜赤レンガ倉庫
  2. 山手111番館

    2014/7/6

    山手111番館
RSS Feed Widget
ページ上部へ戻る