中国料理 驊騮

みなとみらいのシンボルの一つである「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」は、今年で開業25周年を迎えました。
海に浮かぶヨットをイメージした外観は、昔から一度は泊まってみたい高級ホテルとして馴染みがあります。

ホテルの31階に店舗を構える「驊騮」でも、25周年を祝した「開業記念コース」が提供されています。
なんとお値段も21,000円が15,750円とお安くなってます。

開業記念コースは総料理長の田村晃男氏のオリジナルメニュー。「フカヒレ料理の鉄人」と言われているだけあって、フカヒレ料理に期待が高まります。

青島ビールを頼み、喉を潤しているとお通しです。
くるみを砂糖でコーティングしたものと、ザーサイが出てきました。
このくるみがすごく美味しいんです。
香ばしさと砂糖の甘い味が混ざり合ってついつい一気に食べきってしまいそうになりました。

続いて「フカヒレ姿、縞鰺、平貝のスモーク盛り、山椒風味醤油ソース」がやってきます。
アミューズにふさわしい、酸味の軽くきいたさっぱりとした味付けで、食欲が刺激されますね。
フカヒレはジェルに包まれていて、不思議な食感がしました。

食べ終わるとすぐに「前菜の盛り合わせ」が運ばれてきました。
ちょこんとしていて、かわいらしい見た目です。
中華というよりもフレンチのような味付けでした。枝豆と蟹のジュレ固めが一番好きですね。

ここからは全部の料理がメインなんじゃないかというくらい豪華でした。
「あわびの蒸し焼き 桜海老Xo醬添え」はあわびが大根の上に丸々一個のっているという贅沢ぶり。
あわびというとコリコリとした食感を思い浮かべますが、しっかりした歯ごたえがありながらも柔らかさはある不思議な食感。
添えてある桜海老の香りがまた香ばしくて箸が進みます。

そしてまた、フカヒレの登場です。「毛鹿フカヒレの煮込み」が運ばれてきて、その高級な見た目に溜息が漏れてしまいました。
ツヤっとした丸いフカヒレに、あんかけ。レンゲを入れるのが勿体無いくらいです。
勿体無いと思いつつも、そっとレンゲでフカヒレをすくって食べました。ほろほろと繊維が崩れ、とても柔らかく、お腹に優しい味付けです。

料理長はどんどん攻めてきます。さらにやってきた「ロブスターのチリソース煮込み卵白仕立て」はフカヒレの煮込みと対照的に、派手な高級感のある見た目です。
チリソースはかなりピリ辛な味で、これぞ中華料理の真髄ですね。
ロブスターは肉厚で、歯ごたえバッチリのプリプリした食感でした。

ちょっとお腹がいっぱいになってきたところで、本当のメインである「フォアグラのステーキ 蜂蜜梅ソース」が登場。
フォアグラって、今までもったりした食感のものを食べてきたので、今回もそういった味をイメージして食べたのですが、私の中の常識が塗り替えられました。
まるで柔らかい部位のお肉を食べているような舌触りで、感動しました。

締めの料理は、「冷やし翡翠麺 柚子胡麻醤油だれ」か「ハマグリと海鮮のスープチャーハン」のどちらかを選べます。
少し前にランチで「冷やし翡翠麺 柚子胡麻醤油だれ」を食べたことがあったので、今回は「ハマグリと海鮮のスープチャーハン」を選びました。
冷やし翡翠麺もさっぱりした味付けに新鮮な夏野菜やカニが乗っていて、とても美味しかったです。
今回注文したスープ炒飯は、丸く固められたチャーハンにスープがかかっている、というものではなく、おかゆのような見た目でした。
さっぱりしていて食べやすかったです。ハマグリの出汁がきいていて、スープも締めにちょうど良い濃さです。

食後の「オリジナルデザート」は、メロンプリンにぶどうとマスカットなどが乗ったデザートプレート。
メロンプリンはメロンの味が凝縮されていて濃厚な味わいでした。カスタードが柔らかくてムースのようでした。
龍鬚糖という伝統的な中華菓子も楽しめました。

デザートと一緒に「凍頂香檳烏龍茶」もやってきました。凍頂なんて書いてあるから、冷たいお茶なのかと思いきや、「凍頂山」という台湾にある山の名前なんですね。
この山で茶葉の栽培が行われているんだそうです。台湾茶としてはとても有名なものなんだそうで、初めて知りました。

満腹になったところでコースは終了。大満足です。
中華料理のコースだったので、こってり油の料理を想像していたのですが、ものすごくクリエイティブな味付けに、シンプルな見た目の料理ばかりでした。
日本人の舌にあうメニューになっていて、中華料理のイメージを覆されました。

このコースは2016年8月31日までの限定となっていますので、夏休みの思い出に堪能してはいかがでしょうか。

karyu_1 karyu_2 karyu_3 karyu_4 karyu_5 karyu_6 karyu_7 karyu_8 karyu_9 karyu_10

〒220-8522 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル31F
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
045-223-2267
【ランチタイム/平日】 11:30~14:30(ラストオーダー)
【ランチタイム/土・日・祝日】 11:00~15:30(ラストオーダー)
【ディナータイム】 17:30~21:30(ラストオーダー)
中国料理 驊騮
http://www.interconti.co.jp/yokohama/restaurant/restaurant/karyu/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大さん橋

    2014-5-11

    横浜港大さん橋国際客船ターミナル

    まだすこし肌寒い春先の3月に僕は自転車を使い大さん橋へ向かった。 横浜駅からレンタル自転…
  2. PAPABUBBLE

    2014-12-13

    PAPABUBBLE

    白いタイルの外観に『PAPABUBBLE』のロゴ。 ぱぱぶぶれ。 楽器みたいな名前の…
  3. 横浜大飯店

    2014-8-30

    横浜大飯店

    中華街に遊びに行くなら、やっぱり沢山食べたいですよね?今回は中華街大通りのなかでもオスス…

最新エントリー

  1. 焼鳥 美鶏

    2016/11/19

    焼鳥 美鶏
    焼鳥屋さんで焼鳥を頬張るのってなんだかアダルティ。 関内の路地裏にある『焼鳥 美鶏』…
  2. mizunobu_7
    創業大正4年からフレッシュな果実・野菜を提供している「横浜水信」。 そんな「横浜水信…
  3. karyu_1
    みなとみらいのシンボルの一つである「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」は、今年で…
  4. bai-rin_1

    2016/7/2

    梅林
    旬の食材を贅沢に味わいたい! そんな時にオススメな日本料理店をご紹介します。 関内駅と桜木…
  5. タカノフルーツパーラー_1
    美味しい季節のフルーツをリッチに味わっちゃいましょう! 今日ご紹介するのは高島屋横浜店にある『…
  6. alte-liebe_2

    2016/4/29

    Alte Liebe
    特別な日に、特別な時間を、みなとみらいで。 『Alte Liebe』は大桟橋近くのイチョウ並木…

night view

  1. karyu_1
  2. 港の見える丘公園

free

  1. qsy-tqc_2
  2. 港の見える丘公園
RSS Feed Widget
ページ上部へ戻る