焼鳥 美鶏

焼鳥屋さんで焼鳥を頬張るのってなんだかアダルティ。
関内の路地裏にある『焼鳥 美鶏』はそんな大人な夜を楽しめる焼鳥屋さんです。

なんと3,500円というリーズナブルな価格で串7本と小鉢やスープを楽しめちゃいます。
もちろんお酒も美味しいですよ。

横浜の有名店『里葉亭』から新オープンした『焼鳥 美鶏』は『里葉亭』よりもリーズナブルに焼鳥を楽しめるコストパフォーマンス100点のお店です。
串を作りながら店員さんが、本当にギリギリでやってますけど、いいんです、と笑いながらおっしゃっていました。
カウンター席は和のテイストがありながらも、どこかバーのような雰囲気もあります。
焼鳥とお酒を楽しめる環境ですね。

まずは、お新香が出てきました。
これもお通しではなく、コースの料理です。お通し代もないんんですから、驚きです。
シャキシャキとした食感と塩気を楽しみながら、食欲がどんどん増加していきます。

まずは桃酒をロックで。
これが果肉たっぷりで美味しいです。

そして、ハツがきました。
これは知っている焼鳥と違う・・・ぷりっぷりで、とってもジューシ。
しょっぱなから衝撃的でした。
味付けはすべて塩です。もちろん炭火なので、素材の味をふんだんに感じることができます。

そして、次はなんだろうと思っていたら、まさかの茶碗蒸し。
これがまたふわとろで、まるでプリンのようなクリーミー加減。
ちょうどその日は寒かったこともあり、身体の芯が温まります。

ふわとろを楽しんだら、今度はカワです。
このカワもよくあるようなカワではなく、外はカリカリで中はやわらかいです。
お肉の部分もたくさんついているカワでした。

ここからは小鉢が続きます。
厚揚げ焼きに、和牛の塩麹煮込みも出てきました。
和牛の塩麹煮込みの部位はタンです。これが絶妙な味付けです。
醤油ベースではなく、塩麹の煮込みということで、さっぱりとした味付けがタンを引き立てます。

うずらがきます。
食べて、驚き。
なんと、半熟たまごでした。
うずらのたまごで半熟なんてはじめて食べました。
黄身も濃厚ですよ。もちろん。

なんとも歯切れの悪い食感がレバーの嫌いなところだったのですが、ここのレバーはやっぱり違いました。
柔らかさと歯ごたえのバランスがちょうどよく、濃厚な味わいです。

この辺りでグラスが空になったので、果肉が入っている他のものを頼んでみたところ、オススメはみかん酒とのことでした。
これもロックで。
缶詰のみかんを、そのままそのまますりつぶしたかのように、果肉たっぷりでしたよ。
フルーティというより、フルーツそのものといってもいいようなお酒でした。

そして、これは事前に知って楽しみにしていた、ちょうちんです。
一気に口に含むと卵黄が破裂。
さきほどのうずらも濃厚でしたが、濃厚さの極みですね。
これがまたお酒に合うんです。

歯ごたえのあるものも食べたいなと思っていたら、つくねです。
軟骨も混ざっているので、コリコリも楽しめますよ。

最後に焼きピーマンが出てきました。
炭火で焼いたピーマンはとっても美味しいです。
中にスープが入っていて、ジューシーでした。

ここでコースの串は終わりなので、少し追加します。
まずは、ハツが気に入ったので、似たようなぷりぷり感を味わいということで、かしら。
ぷりぷりの中にも、抵抗があって、美味しかったです。これもオススメですね。

そして、一番好きな、なんこつを頼みます。
焼きたての軟骨のおいしいこと。
これは筆舌に尽くしがたいので、ぜひお店で堪能してください。

最後に締めで、ライスカレーを注文しました。
この時すでに満腹感はありましたので、追加注文をせずに、ライスカレーでもちょうどいいかもしれませんね。
なぜライスカレーなんだろう、と思ったのですが、今まで塩の味付けばかりでしたので、ここでくるターメリックの香りが新鮮でとっても美味しかったです。
半ば別腹のような感覚でライスカレーをパクパクと完食してしまいました。
こちらシェアすることもできますよ。

そして、ここでコースの締めでもあるスープがきました。
焼鳥の脂と対照的なあさりの旨味が出たあっさりとしたスープが胃に染み渡ります。

店員さんも、とっても気さくで、カウンター初心者でも心地よく食事ができると思います。
デートにもオススメですし、どんな人でも連れて行ってあげると喜ばれるお店ですね。
人気なお店ですので、予約していくことをオススメします。

焼鳥 美鶏焼鳥 美鶏 焼鳥 美鶏 焼鳥 美鶏 焼鳥 美鶏 焼鳥 美鶏 焼鳥 美鶏 焼鳥 美鶏

神奈川県横浜市中区太田町2-30 田中ビル 2F
神奈川県横浜市中区太田町2-30 田中ビル 2F
045-319-6858
17:30~22:00
定休日 日曜日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

ピックアップ記事

  1. Charan Paulin

    2014-7-20

    Charan Paulin

    ちゃらん ぽらん ♪声にだしてみたくなる、ころころした語感のお店。隠れ家みたいなカフェ。…
  2. Orbi Yokohama

    2014-8-10

    Orbi Yokohama

    人類が初めて体験する地球。 大自然超体感ミュージアム。その名は『Orbi Yoko…
  3. 山手111番館

    2014-7-6

    山手111番館

    港の見える丘公園にあるバラ園を抜けると白い壁に赤の屋根の小洒落た洋館が見えてくる。これが…

最新エントリー

  1. 焼鳥 美鶏

    2016/11/19

    焼鳥 美鶏
    焼鳥屋さんで焼鳥を頬張るのってなんだかアダルティ。 関内の路地裏にある『焼鳥 美鶏』はそんな大人…
  2. mizunobu_7
    創業大正4年からフレッシュな果実・野菜を提供している「横浜水信」。 そんな「横浜水信…
  3. karyu_1
    みなとみらいのシンボルの一つである「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」は、今年で…
  4. bai-rin_1

    2016/7/2

    梅林
    旬の食材を贅沢に味わいたい! そんな時にオススメな日本料理店をご紹介します。 関内駅と桜木…
  5. タカノフルーツパーラー_1
    美味しい季節のフルーツをリッチに味わっちゃいましょう! 今日ご紹介するのは高島屋横浜店にある『…
  6. alte-liebe_2

    2016/4/29

    Alte Liebe
    特別な日に、特別な時間を、みなとみらいで。 『Alte Liebe』は大桟橋近くのイチョウ並木…

night view

  1. 臨港パーク_10

    2014/11/22

    臨港パーク
  2. よこはまコスモワールド

free

  1. 臨港パーク_10

    2014/11/22

    臨港パーク
  2. MARK IS みなとみらい
RSS Feed Widget
ページ上部へ戻る