荒井屋 万國橋店

馬車道駅6番出口を出て3つ目の角。

木造りの建物が明らかに周りの店とは違う雰囲気を醸し出している、老舗の牛鍋・すき焼き屋さん『荒井屋 万國橋店』です。
 
入り口からちょっと敷居が高そうに感じますが、ランチはかなりお得。
 
暖簾をくぐると入り口まで石畳のスロープがあります。
この路地、周りは木の柱で囲まれていてちょっと薄暗いんです。
ここを歩いて店内に入るまでに、別世界に迷い込んでしまったような気持ちになります。
 
店内は老舗の旅館のような雰囲気で、明治時代を彷彿とさせます。
天井にはステンドグラスが飾ってあって、近現代の開国したてのような空気を感じました!
 
優しそうな初老の店員さんが案内してくれたのは、入り口に近いテーブル席。
案内された席はカーペットだったのですが、通路を挟んだ反対側は畳の部屋で、椅子とテーブルがあって、襖で仕切られているような造りでした。
床が畳というのも和を感じられていいですね。
 
メニューはランチメニューの「ランチ開花丼」を注文。
名前に惹かれて注文してみたのですが・・・大当たりでした!
やってきた丼の蓋をワクワクしながら持ち上げてみると、湯気と一緒に甘辛い良い匂いが。
色もきれいですね〜。
 
まずはしじみ味噌汁から。
しじみの出汁がきいています。しじみの味噌汁って何でこんな美味しいのですかね。
胃の中が温まったところで付け合わせのサラダ。
お肉に行きたいところですが、食事の順番は案外大事なのです。
ランチサラダって一口二口くらいのイメージですが、思ったより鉢が深くて、たっぷり野菜を摂れますよ。
 
さて、この辺で他の付け合わせはまた口直しにいただくとして、メインのすき焼き丼、食べましょうか!
口に入れた瞬間に感じるお肉の柔らかさ。
思わずほうとため息が出てしまいます。
溶けるというのとはちょっと違いますが、ちょっと噛んだら口の中でふわふわして消えてゆきます。
どうやったらこんな柔らかく煮込めるのだろう・・・
脂身も全くなくて、ご飯に乗ってるすべてのお肉が同じ食感で食べられました。
 
また下に敷いてあるごぼうが美味しいんです!
薄さがちょうどよくて、いい具合に煮込まれているので程よい味付けと歯ごたえが癖になりそうです。
 
お肉の味もくどくなくていいですね。
すき焼き丼って甘辛くて、それが食欲をそそっていいのですが、このすき焼きはさっぱりした味付けになっています。
女性にはオススメかも。
 
途中で飽きることなく、付け合わせのお新香とマグロの和え物で箸休めしつつ、お肉をしっかり味わいながら完食しました。
 
また、ランチ定食はご飯とお味噌汁はおかわり自由なので、お腹いっぱい食べたい男性の方にもオススメです。
 
創業120周年を迎えた老舗の味。
落ち着いた和の空間の中で、ゆったり時間を過ごしながらじっくり味わってほしいです。
 
みなとみらいで美味しいお肉が食べたくなったらぜひここへ足を運んでみて下さい。
 
荒井屋 万國橋店 荒井屋 万國橋店 荒井屋 万國橋店 荒井屋 万國橋店 荒井屋 万國橋店

〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23-1
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23-1
045-226-5003
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
※15~17時はご相談に応じます
荒井屋 万國橋店
http://www.araiya.co.jp/shop/bankokubashi.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

  1. 春水堂 横浜ポルタ店

  2. YOKOHAMA BASHAMICHI ICE

    YOKOHAMA BASHAMICHI ICE

  3. ラ ヴェラ

    ラ ヴェラ

  4. Bistro BéBé

    Bistro BéBé

  5. 中国料理 驊騮

  6. 横浜大飯店

    横浜大飯店