港の見える丘公園

中華街と元町は首都高速を挟んで隣接している。
だが二つの地域は歩いてみると全く雰囲気が違うのだ。
今日は用事があったため中華街を通り抜け元町へと向かって行く。
首都高をまたぐ歩道橋を抜けるとさっきまで騒がしかった街は急に静まりかえる。
そして公園の入り口では梅雨を感じさせる青紫の紫陽花が出迎えてくれる。
その紫陽花を通り抜けると今度は長い階段が待ち構えていた。

この日は快晴で蒸し暑く、階段を上るのも一苦労だった。木漏れ日と飛び回る虫たちを横目に上がってくる息を整えながらようやく登り切ると、フランス領事館の遺構が見えた。
近くの看板を読むとこの公園はかつてイギリス・フランス軍の駐屯地だったと書かれている。
そんな寂れた廃墟に鬱蒼と生い茂る木々が物悲しさを醸し出してる。
バラ園や展望台ばかり有名だが、こういった歴史を感じることのできる場所もこの公園にはあるんだ。

さて、しんみりとした気分を変えよう。歩をさらに進め、細い橋を渡ると急に視界が開ける。
ここがお待ちかね、港の見える丘公園の展望台だ。
広場はかなり広く、今日は日曜日だったのもあってか家族連れやカップル、犬を散歩させている人、絵を書いたり写真を撮っている人…たくさんの人で賑わっていた。
展望台から覗くとベイブリッジを中心にまさに名の通り横浜の港が一望できる。
天気のいい昼間もいいが、ここはやはり夜のライトアップもいいんだよなあ。
みなさんにオススメしたい横浜の夜景の一つだ。

展望台を抜けると今度は色鮮やかなバラ園が広がっている。
ここも人気のスポットで、たくさんの人が楽しんでいた。
入り口にはバラのアーチがあり、それをくぐると何十種類といったバラが咲き誇っている。
園内はバラの花独特の豊かな香りがいっぱいに広がっていた。見頃は5月中旬から6月中旬、10月中旬から11月中旬だそう。

それにしても、6月とは思えない暑さだ。今日はバラ園をじっくり鑑賞する余裕がなくなるくらい日差しが強い。
たまらず屋内へ行きたくなり待ち合わせをしていた山手111番館へと向かった。

港の見える丘公園 港の見える丘公園 港の見える丘公園 港の見える丘公園 港の見える丘公園 港の見える丘公園

神奈川県横浜市中区山手町114
港の見える丘公園
TEL 045-622-8244
営業時間  24時間オープン
横浜市環境創造局 港の見える丘公園
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen007.html
山手111番館山手111番館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

  1. クイーンズスクエア横浜

  2. 大さん橋

    横浜港大さん橋国際客船ターミナル

  3. シルク博物館

    シルク博物館

  4. アートリックミュージアム

    アートリックミュージアム

  5. 臨港パーク

  6. Bistro BéBé

    Bistro BéBé