SHIMOMURA

新しく心がこもっている料理がコンセプトの和食料理店『SHIMOMURA』を紹介します。

完全予約制の『SHIMOMURA』は元町の裏道に佇んでいました。
ひっそりとした雰囲気が隠れ家のようで素敵です。
日本料理、懐石料理で修業したオーナーシェフの下村邦和氏の調理法は、こだわらないことが”こだわり”で和食の型に、はまらない料理を堪能できます。

完全予約制や数々の受賞経験がある下村シェフのお店ということですがとってもリーズナブルに料理を楽しめます。
今回は3,600円の元町コースを楽しみます。

店内へは靴を脱いで入り二階に上がります。
シックな雰囲気でありながら、元が日本家屋ということもあり落ち着けます。
床が畳なのもいいですよね。

気さくな店員さんが「先附」をもってきてくれました。
ヨモギの風味があるしっとりとしたお豆腐の上にアナゴが添えてあります。
とても優しい味で、それでいてさっぱりとまとまっています。

「地魚のお造り」はヒラメとメダイでした。
身がしっかり締まっていておいしいです。

次に出てきたのは「メダイの木の芽焼き」です。
春の息吹を感じますね。

「白味噌カニスープ」は、和食ながらもアレンジが効いていて、スープは洋風なのですが、カニの風味が効いているか中華料理の卵スープのような、まったりとした味わいが楽しめました。

次に出てきたのは「スズキとたけのこのフライ」です。
サクッとした衣が食材の旨味を閉じ込めています。
添えてあるシシトウもおいしいです。

料理コンテスト準グランプリに輝いた、SHIMOMURAの代表作「雪のしずく」は見た目も美しく、食べるのに躊躇してしまいます。
吉野葛で作ったとろとろのクリーム餡の中は、甘辛く煮た豚肉がバターがたっぷり入ったマッシュポテトにつまっています。この豚肉が味のアクセントになっていていました。

お腹も少しいっぱいになってきたところで、出てきたのは「留肴」です。
先ほどの「雪のしずく」とうってかわって、さわやかなジュレが舌をすっきりさせてくれます。
さっぱりしたものが食べたいなと思っていたところなのでナイスタイミングでした。

「アサリの土鍋炊きご飯」が出てきました。
店員さんが掻き混ぜてくれました。
おいしい香りが立ち込めます。
お漬物とお味噌汁もついてきましたが、このお漬物が炊き込みご飯に本当に合うんですよね。

お腹がいっぱいになって食べきれなかったら炊き込みご飯はおにぎりにしてくれます。
次の日の朝ごはんにしました。アサリの旨味が出たのか、さらにおいしかったです。

最後のデザートは「イチゴが入ったゼリーと抹茶豆腐」です。
抹茶豆腐はババロアのような食感でした。
さわやかなイチゴもおいしいです。

ごちそうさまでした。

ひとつひとつの料理がしっかり考えられていて、コースの調和がすごくとれていました。
料理の見た目も美しいです。

またコース全体を通してとっても優しい味わいで、ちょうどいい満腹感にもなり大満足。

『SHIMOMURA』、堪能しました。
和食っていいですよね。

SHIMOMURA SHIMOMURA SHIMOMURA SHIMOMURA SHIMOMURA SHIMOMURASHIMOMURA SHIMOMURA SHIMOMURA SHIMOMURA SHIMOMURA

〒231-0868
横浜市中区石川町3-107
横浜市中区石川町3-107
045-263-8989
ランチ
11:30~14:00
ディナー
18:00~23:00
ラストオーダー
22:00
コースラストオーダー
21:30
SHIMOMURA
http://www.shimomura-kunikazu.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

  1. モチスパ

  2. Vanilla Beans

    Vanilla Beans

  3. Alte Liebe

  4. R&B

  5. グリル・エス

    グリル・エス

  6. 中国料理 驊騮