御料理 梅田

世界的にも和食ブームとなっている今日、日本人が今おいしいと思う日本料理を。
「横浜料理」という新しい和食を楽しめる、『御料理 梅田』をご紹介します。
 
場所は横浜・馬車道の弁天通。
近代的なエンブレムを見上げつつ暖簾をくぐり、階段を登って二階へ。
日本料理ということで肩に力が入ってしまいますが、店内はモダンな装いにテーブル席と親しみをおぼえます。
 
この日は「ディナーサービスコース」を頂きました。
このコースはその日の仕入れによってメニューが組み作られるので、何が出てくるかは席に着いてからのお楽しみ。
 
 
先付けは夏野菜のサラダ。
厚切りの根菜にさっぱりとしたビネガーソースが合わさって食べやすく、お箸が進みます。
 
お次はトウモロコシのすりおろし。
濃厚なのにくどさはなく、温かさが身に沁みます。
トウモロコシの甘さと、なめらかな舌触りが堪りません。
 
お造りは鰹と炙り鰆。
こちらは山葵と生姜、二種類の醤油で楽しめます。
付け合わせのトレビスは、ソースのほのかな酸味とトレビスの甘みが不思議な風味で、癖になる味です。
 
今が旬の鮎の塩焼き。
パリッとした皮と、ホロホロの白身。
そして肝は独特の臭みが一切なく、上品な苦味が絶品です。
そのまま食べるも良し、蓼酢や岩塩に付けて食べるも良し。
何度も美味しさを楽しめる一品です。
 
お肉料理は豚肉の山芋ソース掛け。
ソースにはバジルが入っており、山芋とバジルの意外な相性の良さに驚きました。
トロッとした山芋とバジルの香りが、ジューシーな豚肉の旨味を引き立てています。
 
締めは梅じゃこご飯とお味噌汁。
ご飯には梅じゃこの他に山椒・柚子・紫蘇が混ぜ込まれており、とても良い香り。
とくに柚子の刻みが、口のなかで爽やかな風味をもたらします。
 
デザートは林檎ゼリー チアシード添え。
林檎の味が凝縮されたゼリーがさっぱりとしていて、胃も落ち着きます。
ゼリーと一緒に出された金平糖は、なんとココナッツ味。
これは京都の老舗『緑寿庵清水』の金平糖で、ココナッツ以外にも梅酒や紅茶などの変わり種が楽しめる日本唯一の金平糖専門店。
温かいお茶を飲みながら、ゆっくりと余韻に浸ることができました。
 
夏の季節にぴったりのお料理で、どれも美味しく頂きました。
ディナーコースだけでなく、ランチや一品料理もあるので、機会があればそちらも堪能したいところです。
 
 
お店のコンセプトにもある「和食の文化を守るという姿勢を保ちながらも、柔軟な発想により進歩していく」の通り、見慣れたお料理でも、味付けや食感に驚きがあり、食べる楽しみを実感しました。
お酒も芳醇で美味しく、さらに食事を楽しませてくれます。
 
料理の盛り付けや、うつわ、なにより店員さんの心配りが心地良く、とても有意義な時間を送ることができるお店です。
皆さんも「横浜料理」を、是非堪能してくださいね。
 
梅田_1 梅田_2 梅田_3 梅田_4 梅田_5 梅田_6 梅田_7 梅田_8

〒231-0007
神奈川県横浜市中区弁天通4丁目52
神奈川県横浜市中区弁天通4丁目52
045-651-9184
営業時間
昼 11時30分~14時30分
(オーダーストップ13時30分)
夜 17時30分~22時00分
(オーダーストップ21時00分)
御料理 梅田
http://www.yokohama-umeda.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鍋場 極

    鍋場 極

  2. YOKOHAMA LOTUS

    YOKOHAMA LOTUS

  3. R&B

  4. RISTORANTE UMIRIA

  5. 横浜 ワールドポーターズ

    横浜 ワールドポーターズ

  6. 梅林